乃木坂領域

「乃木坂って、どこ?」公開収録の日、生駒の膝にクリームを塗ってあげたら
「ありがとうお姉たま!愛してる!」と言われた。

    SKE48 LIVE!! ON DEMAND

    2014年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    f834a860

    【成功】
    NMB
    ・関西弁
    ・個性的で愉快なメンバーたち
    ・パレードのように派手で個性的な衣装
    ・パレードのように派手で個性的なパフォーマンス

    乃木坂
    ・清純派
    ・スカート長い
    ・白石玲奈橋本などを筆頭とした正統派モデル系美人の多さ
    ・幼稚園児でも踊れる簡単なダンス

    【失敗】
    SKE
    ・劣化AKBでしかない
    ・W松井をセンターから下ろしてブスが出てきたせいで余計ブスのイメージに

    HKT
    ・指原軍団でしかない
    ・ロリイメージも成長したら終了
    ・やがて劣化AKBへ

    【差別化に成功してる支店はNMBと乃木坂だけ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    松井玲奈 @renampme 
    ポッキーゲームする?
    #11/11

    no title

    【速報 松井玲奈、かなりかわいい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未が9日、都内で行われた、 
    映画『超能力研究部の3人』の完成披露舞台あいさつに出席した。

    12月6日から全国公開される本作は、大橋裕之の漫画『シティライツ』(講談社刊)に登場する
    "北石器山高校超能力研究部の3人"を描いたSF青春映画。
    イケてない女子高校生の山崎良子(秋元)、村田育子(生田)、木暮あずみ(橋本)は、日々スプーン曲げを実践し、
    しまいにはUFOを呼び出そうと奔走する――というストーリーを軸に、オーディションで選ばれた3人が、
    アイドルから女優へと成長していくメイキング映像も合わせた作品になっている。

    役衣装のセーラー服で登場した生田は、「普段はNGな言葉を叫んだりするので楽しかったです」と撮影を振り返り、
    「ドキュメント部分が多いので、私たちの素の部分が垣間見える作品。アイドルじゃない私たちを楽しんで」と笑顔でアピール。
    また、「パンフレットを見てもよく分からないと思うけど、観たら分かる。答えをみなさんが見つけてくれれば」と
    本作を紹介した橋本は、欲しい超能力を聞かれると、「すれ違った人を操れる能力。『劇場にこの映画を見に行け!』っていう
    指令を出したい」と含み笑いを浮かべた。

    一方、キスシーンがある秋元は、「私で大丈夫かな?と思った。ファンの方にも心配されました」と照れ笑いを浮かべつつ、
    劇中で歌っているちあきなおみの『喝采』を3人揃って歌唱すると、
    「こぶしをきかせて盛り上がっているので注目して」とにっこり。

    本作で女優業に一丸となって挑戦した3人だが、橋本が「正直、クランクインするまで2人が一緒にいるのを見たことがなかったけど、
    ベタベタに仲良くなった」と秋元と生田の関係を暴露すると、
    生田は「衝突をするシーンをきっかけに仲は深まったと思う。素の部分に影響を与えるくらい熱演したのかな?」とはにかんでいた。

    http://news.mynavi.jp/news/2014/11/10/110/
    映画『超能力研究部の3人』の完成披露舞台あいさつに出席した乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未(左から)
    no title

    【【芸能】乃木坂46の秋元・生田・橋本、ちあきなおみの「喝采」を歌う…「映画ではこぶしを効かせてるので注目して」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    31171d31b9b54fb3b27b3a9194c22ca9
    1: 美桜きち@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 00:19:13.34 ID:Jc4rNYWK0.net
    何て名前?

    【昨日の乃木どこで声が枯れてた人何て名前?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    panflash00055427

    スカートめくってた変なグループだよな

    【乃木坂って清純派気取りだけど初期の頃は】の続きを読む

    このページのトップヘ